絶対おすすめ!税金を払ってポイントを貯める!

2019年7月16日

税金でポイント?

国に納める税金って現金で払ってしまうとそれまでだけど、クレジットカードで払えたらポイントが貯まって得するのにな・・・

誰もが1度は考えた事があると思います。

現金で払うより、クレジットカードで支払ってポイントを貯めた方が絶対お得ですよね!固定資産税などさらに高額な税金ならなおさらです。

でも、税金をクレジットカードで払うって出来るのかな?

自動車税や固定資産税、住民税など、バーコードの付いた納付書が届きますが、コンビニに持って行ってもクレジットカードで払うことはできません。

裏ワザ?税金をクレジットカードで払う!

その方法は・・・!

セブンイレブンで利用できる電子マネーの”nanaco”にチャージして支払うんです!

電子マネー nanacoカード

nanaco(ナナコ)は、小銭いらずでスピーディーにお支払いでき、お買い物でポイントがたまる便利でおトクな電子マネーです。

※税金をnanacoで支払う場合は、nanacoポイントは貯まりません。

たとえば、自動車税の場合、我が家のセレナは 39,500円です。ポイント還元率の高い、楽天クレジットカードでnanacoにチャージして支払うと、100円につき1ポイント貯まるので楽天ポイント395ポイント貯めることができます。大きいですよね。

なのですが、楽天カードでチャージして貯まるのは、2017年11月でどうやら終了していたみたいです。知らずにここ最近までずーっとチャージして、nanacoで税金を払っていました。のちのち確認してみると、利用金額とポイント付与数に誤差があったわけです・・・。

2019年3月現在は、nanacoチャージしてポイント付与されるカードは限定されていて、付与率も減ってきています。

nanacoチャージおすすめクレジットカード(2019年3月)

カード名対象ブランドポイント還元率備考
リクルートカードJCB
VISA/Mastercard
1.2%リクルートポイント(Pontaポイント)
限度3万円まで
ファミマTカードJCB0.5%Tポイント
Yahoo!JAPANカードJCB0.5%Tポイント

上記以外にもポイントが貯まるカードは複数あります。所持しているカードがポイント付与対象のカードがあればそれを利用しても良いと思います。還元率、ポイントの利用しやすさから上記のクレジットカードをおすすめしています。

では実際に nanacoにクレジットカードでチャージして税金を払う方法を紹介します。

事前登録

nanacoにクレジットカードでチャージするには、nanaco公式サイトにて事前にクレジットチャージの登録をする必要があります。

事前登録後、24時間経過しないとクレジットチャージを利用できませんので、すぐにチャージして利用する予定がある方は早めに事前登録を済ませておきましょう。

あとは、nanaco公式サイトからクレジットチャージをし、セブンイレブンでnanacoを使って支払うだけです。

nanacoへクレジットチャージ

ですが、
クレジットチャージの場合、残高確認をしないとnanacoの残高に反映されません。

  • セブンイレブンのATMで残高確認する
  • レジで残高確認してもらう

どちらかでチャージが完了するので、それから支払いましょう。

高額な税金はどうする?

nanacoにチャージできる額は最大で50,000円です。

方法① 複数枚のnanacoを利用する

これを超える税金を支払うには、複数枚のnanacoカードを利用します。 1枚につき発行手数料300円がかりますが、 イトーヨーカドーで毎月8が付く日には、発行手数料無料でカードを作れるのでこれらを利用すると良いですね。nanacoを利用しての支払いは1度に5枚まで使えますので、最大で25万円までの税金ならこの方法で大丈夫でしょう。

方法② 分割払いにする

固定資産税など、分割で支払えるものは(第1期~第4期)それぞれ分けて支払うこともできるので、金額によっては1枚で払えるでしょう。 この場合は、期限までに支払うのを忘れないようにしましょう。

方法③ チャージ残高50,000円、センター預かり50,000円

100,000円までの支払いで、一番簡単な方法です。

1回のチャージ限度額、30,000円

1日のチャージ限度 3回

これを利用して、まず30,000円と20,000円チャージ、合計50,000円チャージします。

センター預かり分50,000円になるので、セブンイレブンのATMで残高照会し、残高50,000円にします。(センター預かり分0円)

翌日、同じように30,000円と20,000円チャージ、合計50,000円チャージします。

残高50,000円、センター預かり分50,000円

この状態で、バーコード(100,000円まで)を持ってレジの支払い行きます。

支払い途中で残高が不足するので、店員さんに「残高照会してください」と言ってセンター預かり分から残高に移してもらい、残りの決済をしてもらえばOKです。

実際、この方法で高額な税金の支払いができましたので、必ずできます。

まとめ

毎年、払う高額な税金・・・できれば払いたくない。

でも払うしかないんです。だったら少しでもお得に、支払う事ができたら、税金を払うのが楽しくなるかも?

チャージして払う方法は聞いたことある!

とか、知っていてもまだチャレンジしていない方は、これを機に1度挑戦してみてくださいね。きっとお得感を味わえると思いますよ。

ありがとうございました!

スポンサーリンク